東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸物件を探す時には、必ず太陽の位置を確認しましょう。また、必ず内見をしてから物件は決めましょう。

東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸物件と太陽の位置

賃貸物件を探す時に、太陽の向きを気にしていますか。実は、この太陽の位置はとても大切なのです。インターネットなどで物件情報を調べておりますと、よく南向きといったような言葉を目にします。ですが、この南向きというのは、一体どのような意味を持っているのでしょうか。これは、お部屋の中に太陽の光が入ってくるかどうかという事を表しているのです。ですので、いくら良いお部屋で、間取りが理想だったとしても、太陽が全く入ってこないお部屋ですと、昼間の明るい内から電気をつけなくてはいけなくなってしまいます。

また、湿気も溜まりやすくなってしまいますので、カビなどにも気をつけなくてはいけません。ですが、物件情報を見て、いくら南向きと書いてあったとしても、内見をしないで物件を決めるのはやめましょう。何故かと申しますと、物件の目の前に大きな建物がありますと、それだけで太陽の光を遮断されてしまうからです。また、南東向きの場合には、朝に太陽の光が入りやすく、南西向きですと、夕方に太陽の光が入りやすくなります。このように、建物がどういった向きに建っているのかというのも、賃貸物件を探す時には必ずチェックをする事をおすすめ致します。
Copyright (C)2018東京の賃貸事情について※港区の場合.All rights reserved.