東京の賃貸事情について※港区の場合

職場から実家までの距離がだいぶ遠いので、先月から賃貸アパートに引っ越しました。近くなって快適です。

東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸アパートで快適生活

今の職場は大学を卒業して就職してからもう7年も勤めています。職場の人間関係も良好で、仕事も楽しく、何の不満もありません。ただ1つ不満があるとしたら、家から遠いということでしょうか。電車通勤なのですが、電車で40分くらいかかります。朝の通勤ラッシュは地獄ですね。一人暮らしも考えましたが、そんなお金もなく、実家から通っていました。

ですが、先日兄が結婚し、お嫁さんと実家に入ることになり、かつ、私ももう7年目ということもあり、お金にもだいぶ余裕もてできたので、職場の近くで賃貸アパートをかりようということになったのです。初めての一人暮らしでわくわくしながらアパートをさがしました。条件は職場から駅1つ分の距離内で、駅近物件で築年数が古くないというとこですかね。不動産屋さんにいくと条件ピッタリなところが1件みつかりました。

早速、実際にその物件を見に行きました。すると、新しめのアパートで駅から歩いて10分もかからないほどの距離でまさにピッタリでした。すぐに入居を決めました。そして先月から念願の一人暮らしをしています。ずっと実家暮らしだったのでちょっとさみしい気がしますが、それでも職場から近くなって、何より朝が楽チンです。
Copyright (C)2018東京の賃貸事情について※港区の場合.All rights reserved.