東京の賃貸事情について※港区の場合

私が初めて一人で賃貸マンションで生活をした時の体験談についてです。とても納得のいくマンションでした。

東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸マンションで生活を

私が初めて賃貸マンションで生活をしているときの体験談についてです。私は中学の時からずっと1人暮らしに憧れていたので高校生になったらアルバイトをして一人暮らしをするためのお金をコツコツと貯めていました。一人暮らしをするにはきれいな新築のマンションで行きたいと思っていたので頭金などもたくさん貯めるようにしました。そして高校生になり月々きちんと決めた額を貯金して社会人になったら3年目の春に私は初めて不動産屋に行家探しをしました。初めての体験だったのでとても緊張しましたがとても良い不動産だったので良い物件を見つけてもらうことができてとても感謝しています。

部屋の間取りは1LDKで、とても狭かったのですがとても都会の場所にあり駅からも徒歩5分以内で着く場所だったのでとても近かったです。やはり何と言ってもスーパーから近いというのは生活する上でとても便利なことでした。また、部屋からの見晴らしもとても良く納得のいくマンションを見つけることが出来たので良かったです。そこには5年ほど生活をして終わりました。また賃貸で気楽に生活をしたいです。家賃は8万円ほどでしたが、もっとやすくて色々な物件をみたいと思っています。
Copyright (C)2017東京の賃貸事情について※港区の場合.All rights reserved.