東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸の一軒家に5軒程家族と住んでいました。アパートと違うのは、仲介の不動産屋が入らず直接大家なので全て安い

東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸の一軒家は、家賃も安く部屋数が多い

実家が賃貸の一軒家です。うちの住んでる一軒家は、不動産屋が入ってなく大家と直接交渉出来ます。不動産屋が入っていないので仲介手数料が発生しないのでお金が入る時もそうでしたが家賃も安いです。賃貸の一軒家は、部屋数が多いんです。一つの部屋が大きく沢山あるので凄く広い家ばかりでした。昔はトイレがボットンでしたが何年か前からは、水洗トイレにしなくていけなくなったので古い家のイメージが無くなりとても清潔感のある家になりました。やはり友達とかよんでトイレが古いのは恥ずかしかったので良い制度になり助かりました。

賃貸の一軒家は、今の家で5軒目になります。地域を変えて引越しをしたのでその度に新しい賃貸の一軒家になります。なので引越しは何回もしています。引越しをする度に要らない物を捨てるので気持ちも物もスッキリした気持ちで引越し出来ます。今回の家を引越しをした理由は私が結婚する為に親だけですんで住んでいくのでこれから先に年金暮らしになった場合の事を考えると一万でも2万でも安い方が良いと思い市役所に探してもらう課があるので探して貰って前の家より2万も安い家賃の所を紹介してもらいました。アパートと違い家を探す時に少しでも安い所を探しているなら市役所に紹介してもらった方が凄く安いです。
Copyright (C)2018東京の賃貸事情について※港区の場合.All rights reserved.