東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸トラブルに関しては、弁護士や司法書士といった法律家に相談・依頼することをおススメします。

東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸トラブルの相談・依頼は法律家にしましょう。

賃貸と一口に言っても、その物件はアパート、マンション、一戸建て、店舗、土地等様々です。また、契約内容も一律ではありません。このような契約のもと様々な賃貸トラブルが発生することがあります。そのトラブル内容も、賃料不払い、隣人との騒音トラブル、敷金の不払いなど様々です。このようなトラブルがあった場合、不動産業者を通じて話し合い等をしていくというケースが多いと思います。しかしながら、本来不動産業者には法律上のトラブルの相談や介入をする権利は認められておらず、弁護士法や司法書士法に違反する可能性があるのです。このような法制度上の問題や不動産業者の能力上の問題から、大家や借主が本来の法律上の権利を実現できなかったり、かえって余計にこじれるというケースも多いのです。

したがって、賃貸トラブルに関しては、弁護士や司法書士といった法律家に相談・依頼することをおススメします。しかしながら、法律事務に関する分野は非常に広いため、弁護士や司法書士といっても各自において得意とする専門分野が異なります。このようなことから、賃貸のトラブルについて、弁護士や司法書士に相談・依頼する場合は、事前にホームページ等により、弁護士や司法書士の専門分野を調べておく必要があります。
Copyright (C)2018東京の賃貸事情について※港区の場合.All rights reserved.