東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸探しはじっくり腰を据えてやる様にした方がいいので、前もって電話をかけて不動産屋に脚を運びます。

東京の賃貸事情について※港区の場合

賃貸実際に脚を運んで見る

賃貸を探す時には慎重になった方がいいので、前もって不動産屋に行ってどんな物件があるかを調べる様にします。その前に電話をかけて担当者を決めておいたらいいと思います。他の人でもいいですが、出来たら電話で話した人の方が話は早いので、それは覚えておいた方がいいです。暇な時期でしたら時間を約束して仕事が終わって会う事もできます。不動産屋としても一人でも暇な時期に物件を埋めたいと思っているからです。気になる部屋に連れて行ってもらうのは無料なので遠慮しなくてもいいです。実際に脚を運んで部屋を見る事で勉強になりますので実行して下さい。

先の話になったとしてもそれなりに下調べを必要があります。ネットで前もってどんな部屋が空いているかを調べる様にします。それが全てではないので、電話をかけるきっかけをつけるのが目的です。実際に不動産屋に行って希望を言ったら他の部屋も紹介してくれると思います。それで気になる物件があったら遠慮しないで連れて行ってもらう様にします。部屋に入ったらコンセントが気になるので見る様にしています。何が気になるかは人それぞれなので、じっくり見る様にして下さい。ネットでは気にした方がいい所が書かれてあるので参考にします。
Copyright (C)2017東京の賃貸事情について※港区の場合.All rights reserved.