東京の賃貸事情について※港区の場合

一人暮らしの賃貸物件について、具体的なチェックポイントや周辺状況などを交えながら説明いたします。

東京の賃貸事情について※港区の場合

一人暮らしの賃貸物件について

一人暮らしの賃貸物件について、具体的なチェックポイントや周辺状況などを交えながら説明いたします。単身者の賃貸住宅において重要視すべき内容としては住戸内部の間取りや住宅設備の状況、物件の周辺状況などをよく確認し、十分に検討したうえで決めることが重要です。住戸内部に関しては、収納スペースは十分に確保されているかどうか、家具や家電などが十分に収まるスペースかを確認することが大事です。内見の際にメジャーと筆記用具を持参し、自分が持っている家具や家電が納まるかどうかをシミュレーションしておくようにしましょう。設備面に関しては室内の分電盤の電気容量を確認し契約電力が20アンペア以上の物件をなるべく選ぶようにしましょう。電子レンジなどの電気容量が多く必要な家電製品の場合はトリップすることが多くなるため、注意が必要です。

また、古い物件に関しては洗濯機置き場がベランダなど屋外の場合がありますので、そういった物件は敬遠した方が家事の手間も省けるため候補から外す方が賢明です。その他には周辺状況として、外部から侵入されやすい階であるか、外部の窓は容易に破られないかどうか、セキュリティ設備が充実した物件であるか、日当たりが良い物件であるのか、などのチェックポイントを重視しておきましょう。このように、住み良い賃貸生活においては物件の品定めが非常に重要となります。
Copyright (C)2018東京の賃貸事情について※港区の場合.All rights reserved.